Googleのアルゴリズム大幅アップデートによる影響について

2019年9月24日から、Google公式にてコアアルゴリズムアップデートが実施されました。

その内容が今までにない大幅な変更であった為、様々なサイトにて順位変動等が発生しており、今後も大きな影響を及ぼすと予測されます。

この記事では、今回のコアアルゴリズムアップデートについての概要や影響、今後の対策について説明したいと思います。

1.コアアルゴリズムアップデートとは?

そもそも、コアアルゴリズムアップデートとは、Googleが検索アルゴリズムのベース部分を見直し更新する事です。

頻度的には年に数回実施され、Google公式のアナウンスがtwitter等で周知されます。

通常は数日を利用してアップデートが完了いたします。

その目的としては、より良質なコンテンツを評価し、検索の精度を上げるというものです。

2.今回のコアアップデートの特徴

今回のコアアップデートでは通常のものよりも大きな順位変動が発生し、キーワード順位が急上昇または急下降するケースが目立っています。

具体的には、検索ボリュームの多いビッグキーワードが下降の傾向だったようです。

これまで以上にコンテンツの品質に対して判断が厳しくなった事は間違いありません。

また、サイト同士の比較にて、価値のあるサイトをより上位に表示するようになったようです。

3.コアアップデートに左右されない為に出来る事

やはり高品質なコンテンツはコアアップデートによる検索順位の急下降などは発生いたしません。

コアアップデートに左右されないコンテンツを作成する事が安定したSEO対策となります。

・ユーザーが求める情報を提示する

まずは一番重要な部分でありますが、需要がある情報を提示するという事です。

尚且つ、それに独自性と信憑性が加われば、それは高品質なコンテンツとなります。

・情報量を考察する

どんなに優秀な情報であっても、利便性に欠けてはいけません。

必要な情報を、最良な形で手に入れられる状態で提供しなければなりません。

ただ、コンテンツ数と更新頻度を増やすだけでは、伝わりにくいコンテンツと判断されます。

・今回のコアアップデートにより、下降したキーワードのコンテンツを修正する

今回キーワード順位が下降したコンテンツは、コアアップデートにて高品質だと判断されなかったコンテンツとなります。

内容を見直し、より高品質なページを増やし、Googleからの評価がされやすいようにします。

4.まとめ

Googleのサイト品質の評価は日々厳しくなり、サイト運営者はますます苦労をする事となりました。

しかしながら、コアアルゴリズム開発は「ユーザーファースト」が大前提であり、優れたサイトは評価をされるという仕組みになっているのです。それこそSEOの本質であります。

サイト運営者が可能な対策とは、今まで以上にコンテンツの品質を上げる事であり、努力は必ず報われるという気持ちを持ち続ける事が結果に繋がるかと思います。