SEOに強い記事の特徴とは?どんな記事が上位表示される?

あなたがウェブサイトを運営しているなら、できるだけたくさんの人にアクセスしてもらいたいと願っているでしょう。検索上位にくるサイトと自分のサイトは何が違うのかと、頭を悩ませている人もいるかも知れません。ここでは、SEOに強い記事にはどういった特徴があるのかを見ていきましょう。

まず、SEOという言葉の意味ですが、「検索エンジン最適化」です。日本では、検索エンジンの大部分をGoogleがしめているため、SEO対策=Googleでの検索で上位表示される対策と言っても過言ではないかもしれません。では、SEO対策に強い記事とはどんな内容なのでしょうか?

良質なコンテンツを作成している記事

良質なコンテンツとは?

読み手が知りたい情報が、わかりやすい言葉で掲載されている。価値のある情報が載っていて、それを行ったときの利点もきちんと示されている。読み手にとって、信頼性が高く、満足感がある。など、読んだ後に実感出来るサイトが、良質なコンテンツと言えると思います。

Googleが望む良質なコンテンツとは?

先に示した事柄に加えて、Googleではアクセスした人がどれくらいそのページを読んでいるのか(Googleは、Chrome経由でアクセスした人の情報を収集しています)。ページを開いてものの数秒で閉じてしまったのか、少しずつスクロールしながらじっくりと見たのか、またそこに貼られているリンク先まで飛んだのかなどで、そのコンテンツの良し悪しを判断しています。

またGoogleは、専門性が高くページ数も比較的多めの記事を評価する傾向にあるため、例えば、すでにリリースされている記事に、その後も加筆や修正を行って内容を改善していくことは、Googleの評価を高めることにつながります。定期的な記事の見直しにより、専門性が深まりページ数も増加することで、より質の高いコンテンツとなっていくでしょう。

検索エンジンが認識しやすい文章・タイトルの記事

具体的なSEO対策が講じられている

内容が、検索されやすいキーワードを使って作られている。そのためには、読み手が求めていて、かつ上位表示が可能なキーワードを調査し、そのキーワードをページ設定するなどの、Google検索エンジンの対策がされている。

ページタイトルがよく考えられている

検索キーワードを使った、30文字程度の簡潔なタイトルがつけられていて、そのコンテンツを読むと得られるベネフィットが、タイトルを見てもわかるようになっている。また、スマホ対策として、タイトルに続く詳細についても、重要なワードやポイントが前方に載せられている。

まとめ

ここでは、SEOに強い記事とはどんなものか、基本的で簡単なことだけをお伝えしました。昨今の社会事情から在宅が脚光をあびるようになり、新たに自分のウェブサイトを開設する人や、仕事で会社のHPを更新する人も増えているでしょう。そんな人にも、ウェブサイトを運営する上で外せないSEO対策という事柄について、知っていただくきっかけになればと思います。